水をあげすぎ、あげなさすぎ:植物にいつ水をあげるべきかはどう知る?

水をあげすぎ、あげなさすぎ:植物にいつ水をあげるべきかはどう知る?
© Kamakura 1192 times

植物の水やりは繊細な芸術であり、一定の知識や注意が必要です。水を与えすぎると根が腐り、与えなさすぎると植物が萎えて死んでしまいます。

では、植物にいつ水をあげるべきかはどう知るかここでは、植物を健康に保つためのいくつかのアドバイスを提供します。

各植物の特定のニーズを理解する

各植物には特定の水やりのニーズがあります。一部の植物、例えばサボテンや多肉植物などは乾燥した土を好みますが、シダや熱帯植物などの他の植物は常に湿った土が必要です。

だからこそ、水をあげる前に各植物の特定のニーズを調べることが非常に重要なのです。

    • サボテンと多肉植物 : これらの植物は砂漠気候に適応しており、非常に少量の水で生きていけます。排水の良い土を好み、土が完全に乾いてからしか水やりを必要としません。
    • シダと熱帯植物 : これらの植物は湿度を好み、常に湿った土が必要です。しかし、根が水に浸かっている状態は好まないため、水やりの度合いには注意が必要です。

土の観察

土は植物の水必要量を判断する良い指標です。乾燥している土は水が必要なときを示し、湿った土は水が十分あることを示します。

    • 指テスト : 指を土に2関節分差し込みます。その深さで土が乾いていたら、植物に水をあげる時間です。
    • 土の色 : 暗い色の土は通常湿っており、明るい色の土は乾いています。土が明るい色なら、植物に水をあげる時間です。

植物の葉を観察する

植物のも水が必要かどうかを示すことができます。萎んでいたり、乾燥していたり、黄色くなっている葉は水不足を示している可能性があります。

しかし、黄色い葉は水を与えすぎた場合にも現れます。葉が黄色く、土が湿っていたら、植物に水をあげすぎている可能性があります。

湿度計を利用する

湿度計は、土壌の湿度を測定する道具です。特定の水やりニーズがある植物に特に便利です。

湿度計を使用するには、それを植物の根元近くで土壌に差し込むようにします。土が乾いていることを湿度計が示せば、植物に水をあげる時間です。

季節による水やり調整

植物の水の必要量は季節によって異なります。は、暑さと蒸発のために一般的に植物は多くの水を必要とします。

一方、は植物が休眠期に入り、蒸発も少なくなるので、水の必要量は少なくなります。

最終的に、植物の水やりは観察と調整の問題です。

植物を理解し、それらのサインに注意を払うことで、植物を健康で幸せに保つことができます

読む  あなたのタオルのたたみ方で、スペースを節約して美しさを追求しませんか?

以下にもご興味があるかもしれない。

これを共有する: